スタッフブログ

TOP » スタッフブログ

スタッフブログ
当スタッフが院内の出来事、飼い主の皆様にお知らせすることなど順番に書いていきます。

膀胱炎や結石症に気をつけましょう!

朝晩ちょっぴり冷え込むようになってきましたね。

ワンちゃん、猫ちゃんは寒くなると飲水量がめっきり少なくなり、おしっこが濃くなってしまうことがあります。


濃いおしっこは膀胱炎や結石症リスクが高まります。
お水を飲んでもらうために、常に新鮮なお水の用意と水飲み場所など環境の確認をお願いします。
たくさん遊んで飲水できるのも良いですね。

もちろんおしっこを我慢させないことや、お食事の管理も大切です。

いつもと違う排尿回数や尿色、気になる症状があれば早めにご相談ください。


動物看護師 丹羽

犬の急性膵炎に要注意!

膵炎とは、膵臓が出している消化酵素がなんらかの理由で活性化してしまい、膵臓自身を消化してしまうことで起こる病気です。

原因は高脂肪食や食べ過ぎなどです。
(ゴミを漁って人の食べ物を食べ膵炎になってしまった子もいます)

テリア系犬種や肥満犬は発症しやすいと言われています。


主な症状は嘔吐・下痢・腹痛(お祈りポーズ)などで、数日間毎日通院しなければいけないことが多いです。
さらに重症化しているときは入院治療をする場合もあります。


胃腸炎と似た症状を呈するため判断がつきにくいですが、膵炎は再発しやすい危険な病気です。

ですから日頃から高脂肪食は避け、人の食べ物など与えないように心がけることが大切です。

                            動物看護師 渡辺


秋こそノミダニ予防を忘れずに!!

朝夕の寒暖の差が大きくなり、めっきり秋めいてきましたね。

涼しくなってお散歩にはもってこいのシーズンになりましたが、おうちのワンちゃんネコちゃんはしっかりノミダニ予防されていますか?

気温が下がりノミダニ予防のピークはもう過ぎたように思われますが、実は今この時期こそ予防が必要なんです!

ノミは13℃以上あれば繁殖・活動しますし、マダニに関しては秋に若ダニや幼ダニが多く発生します。

SFTS(重症熱性血小板現象症候群)というマダニから犬、猫、さらには人にも感染する危険な病気もあります。 


ぜひこの時期のノミダニ予防を徹底しましょう!

            
                         動物看護師 渡辺